戸神山・猿岡山千歳山周回

今年2回目の山部山行は、里山の薄藪を楽しんできました。6年ぶりのこのエリアは、以前と比べて藪が少なく踏み跡がつき、だいぶ歩かれ始めたと感じました。

今日のルートは貸切の山行になるであろうと登り始めたら、鷹取山に向かう途中登山者とスライド。この山域を歩く物好き(失礼!)は私が知っている限り、私以外ではHITOIKIさんくらい。もしやと思い声をかけたらご本人でありました。

樹間越しに鷹取山を仰ぐ。

高曇りの空に浮かぶ月山

鷹取山西斜面のシンボルツリー

ぐっと下ってぐっと登り返す。振り返ってみる鷹取山。

大好きな雰囲気の、猿岡山東隣りの小ピーク。

八森キレット(勝手に命名)の東側に、いつの間にか明瞭な踏み跡がついている。
一度西蔵王高原ラインに出て500mほど車道を歩き、送電線巡視路にとりつく。

580.6峰(四等三角点:大岩)からほんの僅か北からは、市街地を挟んで登ってきた鷹取山・猿岡山とこれから向かう護摩山・千歳山を馬蹄形に俯瞰できる。

千歳山の下山路は平泉寺大日堂へ。

2018.11.4一念峰・岩部山

昨年案内を頼まれていましたが休みが合わずに宿題になっていたお山に登ってきました。

 

移動して、ここからは南陽市の岩部山。西国三十三観音を模した仏像が祀られている

 

現在は落石のため関係者以外立ち入り禁止になっています。(^_^;)

 

月山300812

3月の番城山以来、今年3度目のお山。(⌒-⌒; )

番城山300311

萱平から番城山に行ってきました。杉の植林を抜け、林道を所々ショートカットして登っていきます。
img_6666.jpg

img_6667.jpg

樹間から二ッ森が見えてきました。
img_6668.jpg

やがてブナ林に。
img_6670.jpg

スカッパレ。
img_6669.jpg

萱平を出発して2時間で県境稜線に出ました。左手には二ッ森山。
img_6672.jpg

振り向くと番城山(中央奥)。ここからのルートは県境を右に進み、右に見える1120ピークに登り、下ってから左の尾根にのって更に右に折り返す。Z字に歩くので山頂まではここから2時間ほど。
img_6673.jpg

img_6674.jpg

img_6675.jpg

霧氷が美しい
img_6676.jpg

遠くに飯豊連峰
img_6677.jpg

朝日連峰
img_6678.jpg

月山と葉山
img_6679.jpg

嗚呼・・・
img_6681.jpg

嗚呼・・・・・
img_6680.jpg

img_6683.jpg

嗚呼・・・・・・・何という美しさ。霧氷の妖精がいそうだ。
融け始めた氷が上からパラパラと降ってくる。
img_6682.jpg

img_6685.jpg

img_6684.jpg

img_6686.jpg

南屏風と不忘山
img_6687.jpg

山頂目前
img_6688.jpg

山頂。360度の大パノラマ。
img_6689.jpg

蔵王連峰が全山眺められます。
img_6690.jpg

山頂からのパノラマ動画をどうぞ。

萱滝を眺めて帰りました。
img_6691.jpg

 

天狗角力取山について

コラムに「天狗角力取山のこと」を追加しました。
あまり目にしたことがないこの山についての言い伝えを見つけましたので転載しました。
こちらからどうぞ。