月山・葉山

姥ヶ岳直下までリフトが運行しているので、今や山頂までハイカーで溢れ返っています。森敦の名作「月山」にあった、七五三掛部落の人々が他所者をドブロク密造を摘発する税務署員ではないかと疑うシーンのような話は、もう遥か昔のことになりました。ただいくら簡単に登れるとはいっても山頂は2000m近い高山です。天気が崩れれば真夏でも寒さに震えることも稀ではありません。最低限の装備は準備して登って貰いたいものです。 主要ルートは庄内側8合目弥陀ヶ原から山頂を経て湯殿山へ下るルートですが、西川町側姥沢から山頂に登り姥ヶ岳を廻って姥沢に戻る周回コースも人気のあるルートです。

※右サイドメニューの各山域の「+」をクリックしても当該山域の山行報告一覧がツリー表示されます。

肘折コース(肘折口から念仏が原経由姥沢まで) 2002/09/15-16
東補陀落・御浜池 2006/09/24
月山(玄海広場からピストン) 2008/08/10
東補陀落・雨告山登拝 2008/10/12-13
葉山(三本橋口から)  2008/10/19 
   
   


コメント 停止中