明星湖 立岩から

明星湖・明月荘 ~立岩から~
2005/06/12

立岩登山口→1:45→明月荘→1:13→立岩登山口  計2時間58分(単独) 1/25,000地形図(天元台)

昨秋、姥湯を起点に周回した際に訪れた弥兵衛平湿原。その時に次は立岩から上がって広大な湿原を堪能したいと考えていた。花にはまだ少し早いかとも思ったが梅雨に入る前に出かけた。

米沢市営吾妻山麓放牧場。

ゲートが閉じられているがロックはされていない。通行者は自分で開閉する。

途中の牧場風景。

ここからの林道は普通車であれば腹を擦りそうなかなりの悪路である。

駐車場の少し手前の道路には残雪がたっぷり残っており倒木が横断し塞いでいるため路側帯に駐車する。
 
立岩駐車場。滝が二筋落ちている。
右の滝は間もなく涸れそうだ。
駐車場から少し進むと立派な林道となるがすぐ通行止めとなり、左手に登山口がある。
立岩登山口。
登り始めはこんな感じ。ショウジョウバカマが賑やかである。
尾根に上がる前のトラバース道。タムシバが美しい。
尾根に上がったところに道標があり道は左に折れる。
突然に高山風景となる。
米沢市街を俯瞰できる。
 
ミネズオウ。
この時期、1600辺りから夏道は残雪に覆われる。
日当たりの良い部分は雪解けが進み登山道は沢となっており、水芭蕉が咲き始めている。
 
1700を越えると樹林帯になり、残雪で覆われたルートがとても分かりにくくなる。1740で南進から南西に進行方向が変わる。稀にあるマーキングや方角を確認しながら進む。4~5mの雪の斜面を上がると階段が現れ広大な湿原への入口となる。
途中真新しい熊の足跡があり、音を出し注意しながら歩いていると、進行方向から西側に走って逃げていく熊を発見。こっちに向かって来なくて良かった。(^^;;;
日当たりが良いので雪はすっかり消えている。ここから明月荘までは木道が続いている。
明星湖。深い青が美しい。
東大巓方向。中大巓はガスで覆われている。
チングルマ。もう10日ほどすれば群生しそうである。
あまりにも小さく見過ごしてしまいそうなヒメシャクナゲ。これを見る事が今回の山行目的でもあった。
風が強く肌寒い。池塘が漣を打っている。Click
ワタスゲもまだちょいと早い。
明月荘。中大巓方向は相変わらず厚く雲がかかっているので今日の山行はここまでにする。木道に寝そべって肘枕で日向ぼっこをしながら花を眺める。後、往路を戻る。



  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。