摩耶山

摩 耶 山
2001/08/15

 

国道345号越沢地区から入る。ここから登山口の瀬戸橋までは車で7・8分程度。国道沿いには「越沢そば伝承の館」みたいな蕎麦道場を兼ねたお店があって、帰りに食するのを楽しみにしていたのだが、この日はお盆ということで予約客のみであった。残念。

瀬戸橋登山口。駐車スペースは5・6台が停まれる程度。奥にも林道が続くが一般車輛はここまで。

 

ウノスの倉。すぐ左に同じような断崖のカジ倉がある。ウノスとカタカナで書くとちょっと格好が良いがどうやら「鵜の巣」のことらしい。
登山口から20分程歩くと小浜の茶屋跡で道は左にベテランコース、右に初心者コースの分岐となる。ベテランコースから入って初心者コースに下りることにする。

 

沢沿いの登山道。もみじが多く見られ紅葉時期には素晴らしい渓谷美になることでしょう。

婦女子の滝。ここから沢を渡って左側の尾根道を上がり仙人ガ岩屋行くルートと分かれるが、滝左側の鉄梯子から直登する中尾根コースを選択。Click

 

滝を登るといきなり急登になります。この急登は稜線まで続き、600mを一気に登ることになる。途中、婦女子の滝から20分ほどで左に仙人ガ岩屋へ、右に七ツ滝への道を分ける。
シマヘビのお出迎え。急登なので木に手をかけて登ろうとしたところ、ギロッと睨まれる。
稜線に飛び出たところ。左側の盛り上がりが1,019mの山頂。

山頂からは360°の大パノラマ。以東をはじめ朝日連峰や鳥海・月山・温海岳・兜山が見事に展開している。ただ東側は怖いほどすっぱりと切れ落ちていて断崖絶壁。すぐ東側には鎗ヶ峰・鉾ヶ峰が鋭く迫っている。

 

山頂から本道コースを下り、途中関川コースと別れる。ここはブナの美林が追分まで続きます。追分から小浜の茶屋跡までは杉林の中の苔むした滑り易い道になります。

《参考までに》

・全行程約3時間30分

・本道コースの避難小屋は土間で、宿泊というよりも雨露をしのぐための小屋である。小屋の脇から七ツ滝へ下るルートもある。

・小屋から登山道を2・3分下ると「うがい清水」という水場があるが今回は枯れていた。

・婦女子の滝を登らず仙人ガ岩屋へのルートをとっても中尾根コースに合流することになる。



  • トラックバック 停止中
  • コメント (4)
    • べっちい
    • 2014年 8月 6日 11:57pm

    こんばんは。。

    お久し振りでございます。
    摩耶山にお邪魔しましたよ。。

    画像を見せて頂いていると、ふむふむと言う事で、
    顔を出してしまいました。 😀
    お天気に恵まれ山頂では、大パノラマに満足。。

    • みいら
    • 2014年 8月 7日 7:37am

    @べっちいさん、お久しぶりです。お元気でしたか?

    摩耶山にはいつ?
    それにしても遠くから随分渋いところに来ましたね。^^

    • べっちい
    • 2014年 8月 7日 9:45pm

    こんばんは。。

    いや~ 本当にご無沙汰しております。
    今月、3日に登りました。涼しさを求めてお邪魔しましたが、なんとなんと
    とっても良いお天気で、こちらより暑かったかな?  なんて。。
    静かな山行 楽しめました。
    凄いお迎えもしていただきましたが・・ 😥 😛

    あつみ温泉で、1泊してゆっくりと。。 🙂

    • みいら
    • 2014年 8月 11日 12:01am

    @べっちいさん、 お晩です。
    ずいぶんと渋い山を選びましたね。他の山もかけたのかな。
    凄いお迎え?何でしょう。アブ?マムシ?