船形連峰・翁山塊

 船形連峰は山形と宮城の県境のほぼ中ほどに位置している。主峰の舟形山は山形では「御所山(ごしょざん)」と呼ばれ親しまれているが、登山者で賑わうその殆どは宮城県側ルートからの入山のようである。 山形県側ではクライミングフィールドの黒伏山や柴倉山等の西側の尾根を歩く登山者が多く見られるが、一般的に静かな山行を楽しめる山域である。

 

※右サイドメニューの各山域の「+」をクリックしても当該山域の山行報告一覧がツリー表示されます。

御所山(層雲峡からクラビコース周回) 2001/10/20-21
御所縦走(荒神コースから観音寺コース)  2004/10/10-11
荒神山ピストン  2004/11/07
沢渡黒伏  2005/10/30
柴倉山  2005/11/06
   
   
コメント 停止中