層雲峡からクラビ周回

御所山(層雲峡からクラビコース周回)

2001/10/20-21

初日

1日目:夫の小屋跡-3:30→大沢小屋

新築途中の御所山荘避難小屋。こんなに立派な避難小屋を作る前に林道入口に標識の一つでも設置するのが先のような気もするが、でも、素晴らしい小屋ですね。

 

夫の小屋跡。30台位の駐車スペースがあるが、測量の跡があって何か建設される模様。

 

約1時間の林道歩き。 
 眼下は丹生川。紅葉が美しい。古の『層雲峡コース』は御所山荘から直ぐ沢に下って写真の沢も遡行したらしい。

 

 かつて、伐採したブナを運び出すときに掘ったこのような隧道を2度くぐる。
第2隧道。
落合から沢に下っていよいよ層雲峡遡行の始まり。ここで地下足袋にわらじを装着する。
苔むしたり、ぬめったりする場所をわらじの確かなグリップ力でへつる。
 
 
 
大沢小屋。右岸から徒渉して突然視界に飛び込んでくる。今日の行程はここまで。
小屋に到着後、食事班と焚火班に分かれ支度をする。予定より到着が遅れた為予定していたキノコ採りは中止。本日のメニューは鴨鍋・うどん、モツ煮込、せい菜漬け、そして囲炉裏火で炙った薩摩揚げ・干し鱈。宿泊は我々のみの貸切り大宴会(^-^)。沢音が少し賑やかで、夜半に雨かと思って目を覚ます。

朝食のメニューはα米、鴨のスープ(夕べの残り)、ハンバーグ、ツナポテトサラダ。何とも豪華である。

2日目


  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。