護摩山のこと

先般、千歳山の東のピークの護摩山(点名:妙見)と山伏山と言う記述について、当サイトをご覧いただいた市内の加藤さまから資料を頂戴しました。それによると千歳山萬松寺発行の「千歳山萬松禅寺誌」に記載されているとして、「わがさと平清水」という冊子に掲載されている由。古くから呼ばれていた事が確認できすっきりしました。

護摩という山名から柴燈護摩を行った場所なのだろうと推測すると、この儀式は密教系になるので、曹洞宗の千歳山萬松寺では行われません。案外天台宗である平清水の平泉寺に由来するのではなかろうかという新たな興味が湧いてきました。

加藤さまにはわざわざ興味深い資料を送って頂きましてありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

風便

昨秋にお世話になりました梅花皮ヒュッテの機関紙「風便」を頂きました。

今回は昨年来のお近づきの関係で投稿依頼があった為、ご挨拶を兼ねて投稿しました。

小屋が1日でも長く存続することを願ってやみません。


頌春

本年も宜しくお願い申し上げます。

’15山の忘年会

毎年恒例の宮城の山仲間との忘年会に行ってまいりました。メンバーは幹事のmorinoさん、maro7さん、SONEさん、utinopetikaさん、tomさん、maronnさん、マスさん、ナカシイさん、うめさんと初対面のとむかのさんの都合11名。

場所はいつものイタリアンレストラン「トラットリア クチーナ オランジェリー」。オーダーバイキングの上に飲み放題という事でお腹いっぱいになって帰ってきました。

今年の私の山行回数は参加者の中でダントツ最下位の8回でありました。1位のSONEさんは私の高校時代の年間60日を超える66日。凄い。(^^;;

morinoさんはじめ、ご参加の皆さま、大変お世話になりました。新年会でお待ち致します。(^-^)/


  
  

2015.10山部山行 梅花皮ヒュッテ・倉手山 

10年前に小屋を見て以来、ずっと泊まってみたかった「梅花皮ヒュッテ」に行って来ました。
避難小屋ではなく私有の山小屋。普段は施錠されておりますので管理人さんに鍵をお借りしての訪問です。風格のあるこの山小屋は今年で50周年を迎えたそうです。きちんと手入れされてとても快適でした。快諾頂いた仙台のYさま、上山のKさま、ありがとうございました。
10年前に急だと思いながら小屋から下ったルートはやはり相当に急で、大荷物の為に短いけれどもたっぷり汗を絞られました。
計画では初日は小屋からひとはねの峰まで藪漕ぎピストンをする予定でしたが、出発しようという時に雨降りとなり中止。早い時間からの宴会となりました。

2日目の予定は一度下山してから、倉手山に登って藪尾根を南下し再度山小屋まで辿り着くというものでしたが、出発が遅くなってしまい倉手山ピストンに変更。駐車場に戻った途端に雨降りとなり、結果オーライとなりました。