飯豊縦走 梶川から

飯豊縦走(梶川から大日杉)

2003/08/15-17

初日

梶川登山口→0:50→700→1:10→湯沢峰→0:45→滝見場→0:50→五郎清水→1:00→梶川峰→1:00→扇の地神→0:35→門内小屋  計6時間10分  (休憩含まず  4名)    1/25,000地形図(長者原・飯豊山)

 

湯の沢に架かる橋のゲートを渡ると直ぐ右手に登山口がある。いきなり手を使うような急登が始まる。この急登は梶川峰まで延々と続く。

五郎清水。水場は右手に40mほど下る。昼食休憩をとるが、ブヨが煩く刺されたメンバーも。ツルアリドウシがちらほら。

 

五郎清水の水場。

樹林帯の急登を抜けると梶川峰。展望がきくところまで上がってきたら、ようやく雨も上がりガスもきれてくる。

 

扇の地神方向を見る。

山の重なりと人の重なりの妙。

 

タカネマツムシソウが群生している。

えぶり差岳を眺める。

 

タカネマツムシソウのアップ(写真提供きくちゃん)

 

 

扇の地神。ようやく主稜線にとりつく。あとは快適な稜線漫歩。

凄みのある胎内尾根。槍のような鋭い突起は二の峰。写真をクリックすると拡大します。

 

二王子岳。写真をクリックすると拡大します。

ニッコウキスゲの中にヒメサユリがちらほら。ここから門内小屋まではタカネマツムシソウとトリカブトが競うように咲いている。

 

門内岳と門内小屋。写真をクリックすると拡大します。



  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。