戸神山・鷹取山

戸神山・鷹取山(岩波)
2009/03/21

素晴らしい青空が広がっているが午前中仕事。でも車のトランクには長靴が入っているということで急遽午後2時頃から普段着のままで近くの戸神山に登ってきました。
仕事で「老人ホーム あたご荘」にきた際に、施設の裏側に登山道が切ってあるのを見ていたが、恐らく戸神山稲荷大明神からも登拝道があるのでなかろうかとまずは神社に向かう。
神社の右手に薄い踏み跡が見える。山頂まで続いていればラッキーということで登ってみると、山頂東側のピークに向かって薄薮の支尾根沿いに道が続いている。最後は木の根っこなどに掴まって登る程の急登。戸神山山頂は後回しにして東に見える470.6ピーク(四等三角点:点名「鷹取山」)に行ってみることにする。

尾根沿いにはしっかりとした道がついており鬼越まで一気に下る。ここは尾根通しの道と明瞭な南東に下る道の分岐となっている。杉林の急登をぐいっと登り傾斜が緩くなってくると薮がやや煩くなってくる。山頂は二段になっており奥がピーク。南側は砕石のため削られて絶壁となっている。眼下には採石場が見える。東側の猿岡山へも踏み跡がついているようだ。後日訪ねる事にしよう。

来た道を戻る。往路で取り付いたピークと戸神山山頂間は岩場となっており、道は南側を巻くようについている。山頂からは白く輝く朝日連峰・月山・葉山が遠望できる。三角点にフラッシュメモリーの忘れ物が置いてあった。山頂から南側の支尾根に道がついてあり下山する。上部は岩場になっている。下りきってであたご荘に到着。出発から約1時間半の山歩でありました。

下のリンクをclickするとスライドショー表示。写真clickで拡大表示されます。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。