カテゴリー : ノンセクション

この秋のキノコ狩り・・・

山にも行けないのに、9月も半ばになって「今年のキノコはどうかなあ」等と考えておりました。
でも山脈を中心に放射線量が高いことから、キノコの採取はどうなんだろうと気になりちょっとぐぐってみました。

で、ヒットしたものご紹介します。
野生キノコ出荷停止へ 農水省・福島県、放射線検査強化:asahi.com
チチタケが基準の1キロあたり500ベクレルを超えて、なんと古殿町で3200ベクレル、棚倉町では2万8千ベクレルが検出されたそうです。

更に、
キノコと放射線セシウム
これによると、キノコはセシウムを濃縮しやすいらしい。うーむ。

さて、そういうことになるといったいどの辺りの汚染度が高いのかが気になります。
群馬大学の早川由紀夫氏のブログ「早川由紀夫の火山ブログ」から画像を転載させて頂きました。画像Clickで拡大します。

以上ご紹介しましたが、なかなか衝撃的です。但し私は、ここで採らない方が良いとかここで採った方が良いとか言うつもりはありません。あくまでも皆さんが個人の判断で個人で楽しまれればいいことです。自分で採って自分で消費する。お互いにそこを明確にして楽しいキノコ狩りを致しましょうね。

湯治

西日本では台風の被害が甚大なようですが、幸いにして山形は雨も風も影響は殆どありません。馬見ヶ崎の河原では今日は日本一の芋煮会フェスティバルが予定通り開催されました。で私は、膝が完治していない為「竜山の湯」に湯治に行って参りました。

竜山の湯は知る人ぞ知る、知らない人は知らない隠れ湯でありまして、とても落ち着いた雰囲気の温泉です。
奥まった所にあるにもかかわらず案内の看板がないので日曜日を除けば静かな雰囲気を楽しめます。あまり混んで欲しくないのでちょっとだけ紹介。


看板はこれだけ。


ミソハギが咲く園内。屋根のかかっているところが受付。


有料休憩所


露天風呂を外から。左のドアは無料待合所。


中を覗くとこんな感じ。物置を開放しているようです。


水・金・日は手前が男湯で奥が女湯。火・木・土は逆。露天風呂は手前にしかありません。


ピース&ピース工法のログハウスでしょうか。内風呂。


露天風呂は二つ。屋根のかかった手前のお風呂と奥の温いお風呂。温いお風呂は内風呂にもあってそこは寝湯になっています。


萱ぶき屋根です。


こちらは温い露天風呂。

場所は西蔵王。羽竜沼方面に入って間もなく。平日なら貸し切り状態になりますのでお忍びでもどうぞ。

病気?

毎週のように日曜日に会議があるが、その時に録音したものを文字に起こす議事録を作成している。
日中は仕事がある為に自宅に持ち帰って行うことになるのだが、晩酌もしなければならず、おっつけ早めに起床しての作業となる。そんな訳で、暫く10時就寝、2時半起床という毎日が続いていた。

そして事務作業が終了し早起きする必要がなくなった今も、2時半には目が醒めて頭も覚醒してしまい二度寝ができない状態が続いている。
仕方なく音楽を聞いたり書の練習をしたり、アイロンがけをしたりしているが、これって病気かしら・・・。それとも年のせい?

暫くお休みします

下界の密藪を漕いでおります。更新は暫くお休みします。ごめんなさい。

この度の大規模震災で・・・モノ不足

山形県内は電気も復旧して通常の生活に戻ったように見えますが、生活物資が不足して大変なことになっています。

ガソリンスタンドには数百メートルに及ぶ車の列ができ時間がない人はガソリンを詰めることができません。
運良く詰めることができても10Lだけのお店が殆ど。それも明日には殆どのお店で売り切れになる模様です。宮城ナンバーも随分並んでいましたが明日からは無駄足になる可能性があります。
暖房用の灯油も売り切れになっており手に入りません。

デイサービスは送迎ができず風呂を沸かせず軒並み休業のようです。
スーパーの食料品も僅かとなっており食料の確保にも頭を悩ませております。
高速道・鉄道が開通しないことにはモノが入って来ないので早急な復旧が待たれます。

それにしても原発事故は情けない。電気が止まったから冷却できませんって・・・。絶対安全だったはずなのでは?ミサイルが落とされても大丈夫でなければならないんじゃない?
それと今回の計画停電、「やっぱり原発がないと供給不足になるんだ」という気持ちにさせて、原子力政策の非難をかわすために行われるのでは?